必要事項をご記入ください。

Q1
 SDGs(エスディジーズ)は、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月、ニューヨークの国連本部で行われた国連サミットで採択された、国連加盟193カ国が達成を目指す2016年から2030年までの国際目標です。
 世界を見渡せば、貧困、気候変動、人種やジェンダーに起因する差別など、様々な課題に直面しています。こうした地球規模の問題を解決するために、「誰ひとり取り残さない」という共通理念のもと、SDGsではの目標と、それを達成するための169のターゲット(より具体的な目標)を設定しています。に入る数字は?
Q2
 国連では、「持続可能な開発」を「将来の世代のニーズに応える能力を損ねることなく、現在の世代のニーズを満たす開発」と定義しています。さて、「持続可能な開発」には、3つの要素の調和が求められています。1、経済成長 2、社会的包摂 さて3つ目の要素は?
Q3
 SDGsの中にも、食品ロスに関連する目標が記載され、各国で対策を打ち出す法律が制定されるなど、取り組みが広がっています。さて日本では食料自給率が37%(カロリーベース)と低く、食料を海外からの輸入に大きく依存する一方で、大量の食品ロスを発生させています。日本の食品ロス量(平成28年度推計)は?
 ※国民1人当たり1日で茶碗約1杯のご飯の量に相当
Q4
 世界では、みんなが十分に食べられる量の食料が生産されているのに、9人に1人、すなわち人近い人々が、健康で活動的な生活を送るために必要な食料を得られていない栄養不良の状態にあります。に入る数字は?
 (2030年までに飢餓をゼロにする目標を設定しています)
Q5
 2020年7月1日からレジ袋が有料化されました。レジ袋有料化の流れは「海洋プラスチック問題」を解決するために、海外から始まりました。現在海に存在しているプラスチックごみはトンと言われています。これは電車の車両 約400万両以上の重さに相当します。そこに年間800万トンのプラスチックごみが、毎年新たに廃棄されていると試算されています。に入る数字は?